パーソナルトレーニングジムで男性トレーナーを指名するメリットとデメリット

パーソナルトレーニングジムでは男性トレーナーだけでなく女性トレーナーも活躍しています。ジムによってはトレーナーを指名することができる場合もありますが、男性トレーナーを選ぶもにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

生じ得るデメリットについても理解し、パーソナルトレーニングジムに通うときの参考にしましょう。

『ピラティスが体験できるパーソナルトレーニングジム』

男性トレーナーは男性への対応力が高い

男性トレーナーは一般的には男性への対応力が高いということをまず知っておきましょう。トレーナーはパーソナルトレーニングジムではトレーニングメニューを個別に作成したり、トレーニングのサポートや指導をしたり、プライベートの生活での過ごし方に関するアドバイスをしたりするのが仕事です。

専属トレーナーを決める仕組みになっているジムも多く、個々の利用者がどのようにトレーニングに取り組んでいるかを把握し、来訪する度に適切な指導をできるようにしています。その対応力が高いほどトレーニング効果も高くなりやすく、パーソナルトレーニングジムに通う目的も達成しやすくなるのは明らかでしょう。

トレーナーがメニューやコンサルティングの内容を決めるときには一般的な理論に基づいて考えることも多いのは確かです。しかし、実際には自分自身の経験や、自分の指導してきた人たちの実績から判断して決めることも少なくありません。

男性と女性では体の作りが違うので同じメニューにして同等の成果を上げられることはあまりないでしょう。そのため、男性トレーナーは男性に指導する能力が高く、女性の指導は得意ではないことが多いのです。

逆に女性のトレーナーは女性への対応力が高いということはパーソナルトレーニングジムに通う始める段階で理解しておくべきポイントです。

トレーニング内容に関するメリット

男性トレーナーを指名してパーソナルトレーニングジムを利用するメリットやデメリットを項目別にもう少し詳しく考えてみましょう。トレーニングメニューを何にするかを決め、その指導をするのはトレーナーの重要な役割です。

トレーニング内容に関しては全般的に見ると男性トレーナーの方が優れている面が多くなっています。男性でも女性でもトレーナーとしてトレーニングの技術や知識を身につけていて、利用者の状況に応じて適切なトレーニングを適度な強度で行えるように設計することは可能です。

ただ、実際にトレーニングの指導をするとなると男性トレーナーの方が優位に立てることがあります。一般的に男性の方が筋肉がつきやすい体質を持っているので、より高強度のトレーニングをすることができます。その経験からのアドバイスができることに加え、高強度のトレーニングを安全に行えるようにサポートすることが可能なのです。

理論がわかっていても力不足で支えられないということもあるため、高負荷のトレーニングでボディメイクをしたい人の場合には男性トレーナーを選んだ方が無難でしょう。

ただし、男性トレーナーにも高強度のトレーニングをしたことがない人もいるので注意が必要です。

カウンセリングにおけるメリットとデメリット

トレーニングメニューや生活上でのアドバイスをするために重要なのがカウンセリングです。カウンセリングは申し込み時に実施されることに加え、定期的に行うことでトレーニングの目標が変わっているか、生活をどのように変えてきているかなどといったことをトレーナーが把握する機会ともなっています。

その情報に基づいて今後のプランを立て、より効果のあるトレーニングをしていけるようにするのがトレーナーの使命です。パーソナルトレーニングジムでは特にカウンセリングによる個別対応が重視されていますが、カウンセリングについても男性トレーナーに対応してもらうメリットもデメリットもあります。

一般的な傾向としては男性トレーナーの方がトレーニング主体による目標達成のためのプランを立てるのに長けています。カウンセリングのときにも生活面よりもジムでのトレーニングや家庭でのトレーニングについての話題を挙げることが多く、いかにして上手に効果的な負荷をかけてボディメイクをするかに主眼が置かれるのが通例です。

食事指導なども行えるトレーナーももちろんいますが、重点はトレーニングにあるというスタンスの人が多いのです。トレーニングをするためにパーソナルトレーニングジムに通おうという人にはメリットになるものの、食事なども含めたトータルで目的を達成したいという人にはデメリットになりかねません。

男性についてのイメージが問題になることもある

トレーナーの性別に由来するイメージからメリットやデメリットが生じることもあります。一般的な印象として男性は力強いと捉えられているため、トレーニングをサポートしてもらう上では安心感があるのがメリットです。

しかし、男性はがさつだという印象を持っている人も多く、トレーニング中に細やかな配慮をしてくれなくてけがをしてしまうのではないかと懸念する人もいます。大雑把な人が多いというのもよく知られていることで、本当に自分の目標達成のために親身になって対応してくれるのかと疑問視する人もいるでしょう。

このように男性に対してどのようなイメージを持っているかによって偏見が生じることはよくあります。ずっと抱いてきたイメージを突然変えるのは難しいことで、怖い人に担当されてしまうかもしれないという不安を持ってしまってパーソナルトレーニングジムに申し込めないという人もいるのは確かです。

実際にジムに行ってみると想像しているのとまるで違うトレーナーに担当してもらえることもあります。思い込みで全てを判断してしまわないようにするのが大切です。

女性の場合に生じ得るデメリット

女性が男性トレーナーを指名するときにはデメリットが生じることもあるので注意しましょう。トレーニングをするときには動きやすい服装になり、異性のトレーナーの視線が気になってしまうこともあります。接近して指導を受けることも多く、恥ずかしくなったり、嫌な気持ちを持ってしまったりすることもないわけではありません。

このような自意識を持ってしまいがちな人は女性トレーナーを指名して指導してもらうようにした方が安心です。女性専用のパーソナルトレーニングジムもあるので、男性に見られたり指導してもらったりするのに懸念がある人は候補にしてみると良いでしょう。

参照元(パーソナルトレーニング - MIYAZAKI GYM)https://miyazaki-gym.jp/